illsuigun aka 村上水軍 live映像、日本〜NY〜日本 超dopeなroad movie解禁

”HIPHOP巡礼”
『TOWER.JP』『HMV』『Amazon』

大阪〜瀬戸内海〜BRONX
illsuigun aka 村上水軍 jet movie 『HIPHOP巡礼 osaka〜bronx』
ON STREET
mixtape"good night&good vibe

平成の最後の夏

本日は8月最後の日で、ナニワの街は騒がしく動いてます。


皆さん、まだまだ

灼熱の太陽が半端なくて、


夏を満喫、、というかそろそろ秋風を、、


といった感じです。


今年の夏は、


皆さんにとっても、、


良くも悪くも特に印象的な時期だったのかなと。



自分は昼、車移動、朝と夜はスタジオまでランニング、


それでも熱帯雨林化してる本土の暑さは、ヤバかったかなと。


とにかく、自然界での異変もありますが、


あらゆる意味での節目となり、


自身もさることながら、


寝る間を惜しんで創作活動、


クライシスマネジメントを実践されてる仲間も、


夏バテ気味の紳士熟女達も、


ここらで夏ならではのhiphop yogacycle


お勧めします。


自身も真夏は聖地、馬島でのクールダウンがとても大事でした。

c0068451_17555339.jpg
c0068451_17562532.jpg

c0068451_17565370.jpg
夕暮れチルも。


c0068451_17572779.jpg


そして数十年、構築してきた


crisismanagement


これは、、


自身のdjチャボとタッグを組んだ”無頼派”


百花繚乱からwantedman


そして、goodvibe&goodlukeへと


続くstoryにも共通する、


dopesurvival術をpowerupさせております。


いつもの、、夕暮れ時のドライブにそういったモノが構築されていきます。

c0068451_17582536.jpg

しかし、、タイムリーな話題では


台風に、また台風で地震や豪雨災害で、


バリバリ現場復興されてる方々に聞くと、


フレッシュな情報収集が一番大事とのこと。


それは、もちろん自分達も同じこと。


時として富田林の逃亡ネタ。


また時として大阪ローカルネタ。


それでも地元は、


英国誌「エコノミスト」の調査部門が発表した18年版で、


1位がウィーン、2位がメルボルンで、大阪が3位!


う~ん、マンダム。




ラッパーとしては確かな情報が命であり、


自らに降りかかる火の粉も避けて、


あらゆる街角の盛り場や、


streetコミュニティーでしかGETできない


riyalな情報と織り交ぜながらbusinessにつなげていくわけです。


チャックDはラップはストリートのCNNといった言葉が忘れられない時期でした。


その内容は次回のミックステープで。

c0068451_18004378.jpg







最近は若い世代でも、


グッチメインみたいなラップするやつも出てきて、


一般層でのhiphop認知がまた広がってて、


といった話を17日に地元で話をしてると、


往年の名車、68年式のデボネアと、


2パックの裏ジャケにも登場した、


今から25年ほど前には人気絶頂だった、


ジャガーのカブリオレをレストアしてる仲間が、


ハイドロの世界も高年齢化が進んでるとの話。


本国のベイエリア付近では、


子沢山よろしくのメキシカン移民の数と、


あらゆるパワーバランスで、


大会などでは今でも高額の懸賞金、


イケイケどころのスポンサー、


若いヘッズの数にしろ、


とにかくカルチャーが若い世代にも受け継がれてるのを見ると、



数こそ全てではないものの、



クラブcultureも若い世代と、


自身のように昭和、平成をriyalに知る、


最後の世代がもっともっと、


業界、盛り場を上げていかなとアカンかなと。


バンクシーのような革命家が

c0068451_18101912.jpg

この日本でも…


riyalなヒップホップで発信できる環境作りを。


それがまたクライシスマネジメントと同時進行の、”goodvibe&goodluke"で確認できるかなと。


この映像にもその片鱗が埋め込まれてます。






[PR]
by murakamisuigun | 2018-08-31 18:25 | 音楽
平成30年、春、クライシス、ヤ... >>