illsuigun aka 村上水軍 live映像、日本〜NY〜日本 超dopeなroad movie解禁

”HIPHOP巡礼”
『TOWER.JP』『HMV』『Amazon』

大阪〜瀬戸内海〜BRONX
illsuigun aka 村上水軍 jet movie 『HIPHOP巡礼 osaka〜bronx』
ON STREET
mixtape"good night&good vibe

大阪!
c0068451_2161693.jpg

シングルに入るMISTA.O.K.Iとの曲を仕上げる為に戻ってきました大阪!
やっぱり落ち着くんですわ。
こっちに居る間は毎晩飲み明かしでよろしくです!
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-11 02:16
あんま。
私がまだ18歳だった頃”いい金になるバイトがある”と誘われて行ったのが和歌山の山奥に建設するダムの工事現場。。

3ヶ月ぐらいの泊り込みバイトである。

キツいのは予想出来たがその時どうしても欲しいアメ車の頭金が欲しくて軽くOKしてしまった。

着いたとたんエライ所に来てしまったと後悔!

誘ったくせに友達は一週間でリタイア。

でも私はなぜか留まってしまった。

結構周りから可愛がられたからか…

当時急激に目が悪くなってしかたなくメガネを作ったのだが普通のは嫌で結局濃いブラウンのレンズが入った度入りのサングラスを購入。

ロマンのブログでも書いたがシャネルとかのじゃなくてもっとイナタイ感じのものである。

昼夜問わずそのサングラスをかけたままだったので。。

現場の皆は本気で目が見えない人かロンパリの人かと思って付いたニックネームが”あんま”

つまり元マッサージ師と思ったらしく。。。

”あんま!飲みに行くで!”

とよく奢ってもらった記憶がある。

しかし周りは現場監督らしい人以外スネに傷をもった人ばかり…

流れの博打打ち、会社潰した元経営者、借金抱えたホスト、まったく正体不明のおっさんなど。。

負のオーラ出しまくりの人達!

もちろん仕事はかなりキツいしストレスもあってか夜はとうぜん”飲む、打つ、買う”の3点セット!金が無いのに散財する負のスパイラル…

その中でなぜかやたら明るかったのが”イワさん”と呼ばれるぱっと見れば普通のサラリーマンの様な人。(キューピーちゃんみたいに可愛い童顔だった)

どちらかといえばひ弱な感じがした様な。

私はその人と仲良くなり色んな話をした。

一緒に風呂に入った時にその人の体には見事な彫りもんが。。。

圧倒されたが顔はキューピー。

かなりアンバランスである。

たまに若い時はきっちり暴れたであろう鋭い眼光もあったが。

現場に来て2ヶ月を過ぎた頃であろうか、昼の食事休憩中に刑事が数名来てその人を連れて行った。

全員で何人居たのか、パトカーが何台止まってたのかは覚えていない。

とりあえずただ事ではない空気だった。

それでもイワさんは”何や、ワシ逮捕されるんかいな”と笑っていた。

”あんま!またな。”

それからイワさんは二度と帰ってこなかった。

私はたまに思い出しては”あの生き方はHIPHOPやな”と感じる訳である。

ちなみにこの写真はその頃に肉体労働していた写真。

ダサすぎて憎めない..

笑ってやってください!

c0068451_782046.jpg

[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-10 07:08 | スピリチュアル
SLY!!
c0068451_6354988.jpg


私はこの曲が好きだ。

SLY&THE FAMIIY STONEの1971年産”FAMILY AFFAIR”

私が生まれる3年前!

好きなバンドがこの曲をコピーして楽しそうに演奏していたのを思い出す。。

しかしリリックの内容は限りなくメッセージソングだった様な。。

”ほんのうちわの出来事だ

子供の一人は成長し

勉強の好きな若者になり

そしてもう一人も成長し

焼き捨てたいような若者になる

おふくろは2人とも愛しい

それが血というもの

2人の子供はおふくろに優しい

血は泥よりも濃い”

まあ一部だがこんな内容で。

これを奥が深いと読むか、その当時流行ってたLSDのやりすぎが生んだ単なるドラッグソングと読むかは自由なのだが。

この曲が入っている”THERE'S A RIOT GOIN' ON"邦題が暴動”である。

多分このアルバムは前作のアルバム2枚に比べれば日本じゃ売れなかったはずだ。

暗くて地味…

あのニクソンのおかげで揺れまくった70年代初期のアメリカを体現していたと聞いた事がある。

しかもいい思いなどまったくなかったであろう”黒人”としてだ。

私はこの曲とこのアルバムを知れば知るほど魅了される!!
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-09 06:35 | スピリチュアル
カワイイ奴!
私が最高に気に入っていたこのカワイイ奴。。

c0068451_2583078.jpg


あえて車名は言わない。

このバックからのシルエットで分かって欲しいのである。。

新車で購入して約2年で13万キロ…

ハンパない距離!

過去はこの車で運送業もしていたしプライベートもガンガン使って。

関西のあらゆる所を走りまくった!(大阪から日帰りで広島、愛媛はあたりまえ)

もちろんロマンの東京遠征もこの車。

足回りからボディ剛性、ウーハーからDVDまで付けてカスタムだけで200万は使ったかな?

しかし…

去年エンジンがイッてしまってとうとう廃車に。

国産からアメ車まで数多くの車に乗ったがこれが一番長く所有していた。

最後の最後までかわいい奴だった。

最後にこの車で聴いたのは西海岸の苦労人ファイルNO1の”WC”

環7を流しながらいい歳して男泣きモードに!
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-08 02:57 |
無頼派。
この言葉が大好きである。

別にカッコをつけている訳ではない。

アウトロー独特の乾いた感性がたまらなく好きなのだ。

もちろん何処のコンビニでも置いてあるこの安い酒も大好き。

c0068451_504057.jpg


このボトルの裏にはヤバい言葉が載ってある。

”純にして艶。 柔にして剛。”

今日もこれをオン・ザ・ロックで!
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-07 05:03 |
合気道!!
c0068451_16371318.jpg


この本の作者は私の叔父である合気道山口県支部 支部長 中村克也氏。

私の中で武道と言えば剣道とこの合気道!

剣道は部活でずっとやっていたが合気道は趣味である。

中学生の頃UWF(佐山サトル、前田明が居た時期)のビデオがないか探していた時に友人が所有していた塩田剛三先生(合気道開祖、植芝盛平先生の一番弟子)のビデオ!!

これがエライ事になっている。。

噂では聞いていたが!

例えばアメリカに合気道演武公演で行った時、塩田師範に触れたとたん弟子が吹っ飛ぶなど信じられない光景を見てその場に居たアメリカ大統領よろしく最強SP2,3人が”おれとやるか?”ってな挑戦を軽く受けて軽くシメたなどetc....

しかしそのビデオの内容もハンパなかった。

現代合気道の第一人者である。

養神館を立ち上げたのもその精神に基づいてなのか?

叔父に尋ねてみたがはっきり話してくれなかった。

その時は保守本流以外は認めないのかと勝手に解釈してしまったが複雑な事情があったのだろう。。

もう少し詳しく聞きたかったが合気道そのものについての話が熱くなり…

”試してみるか?”

話している内に私が合気の本質にふれてみたいといった心を察してくれて。。

腕に触れたトタン動かない…

まるで時間が止まったかの様である。

貴重な体験だ。

まあこの話は後ほどとして合気道とは一体なんなのか?

開祖 植芝盛平先生が日本古来の各流、各派(起倒流、柳生流、大東流、柔術等)の武道を基礎とし母体として合気道という武道を創始したと。

日本オリジナルの武道である。

しかし他流試合はしない、派手な興行は打たないなどで一般に”最強”といわれるムーブメントには決して乗らない。

これがまた素晴らしい訳で。

植芝盛平先生の数多くあるパンチラインの中の一つが”合気の奥義は大きく和することであり、絶対無限の宇宙の実相に通ずる道である”!!

もう私の中ではスペシャルなラッパーという感覚。

技法の表現は自然の中の一部分であると同時にそれが自然そのものの全体である、一つの技そのものがどの様にも無限に変化発展するものであると。

私は虜である。

この時代になぜ殺人芸術とまで言われるものもある武道を学ぶ必要があるのか?

人間性を高めて宇宙と一体になるため。

最高の武道はその動作の中に宇宙の法則を表している。

つまり正しく体得すると言う事は宇宙と一体になる事。

日々修行であります。
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-05 16:37 | スピリチュアル
リラックスタイム。
一日どんなに忙しくてもチルする時間は作ります。

ただ何もせず目を閉じて座禅を組むだけ。

その時必ずお香を焚きます。

c0068451_817379.jpg


お金のない時は線香で☆

こんな時は電気を点けないので夜はもちろん真っ暗なまま。。

気分によってはロウソクの明かりのみ。

昔それを観た友達は”コイツとうとうイってしまったか”ってな対応で…

頭の中をニュートラルにするとカンが研ぎ澄まされる。。。

本能のまま生きている私にとっては大事な儀式であります。
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-04 08:17 | サイケデリック
ずっと愛用してます!
毎年冬になると山に行きたくなる。。

登山ってほど本格的ではないがスノーボードでバックカントリー☆

自然が大好きな私は人工的なピステンが入っていない雪山を登るのが大好きだ。

一度きりのフリーラン。

雪のコンディションがいい時に狙って行くからパウダーにアタック出来る訳で。

ぶっ飛びである!!

その登山とフリーランに欠かせないのが10年愛用してきたのがこれ。

c0068451_1813720.jpg


先輩からもらったサーモインナーでカスタムしたバートンのフリースタイルブーツ!

手入れは人一倍しております(^_^)
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-03 18:01 | 自然
あるカップルと一緒に。。
東京で見つけたILLな才能、レゲエ界の異端児”ペロスポーツ”

2月18日一緒にライブをしたがその日ペロの誕生日という事で出番前に居酒屋パーティー!

そこに仕事を終えたペロの彼女がお祝いのシャンパンを持って登場☆

このカップルは本当に仲がいい。

夫婦なんじゃないかってぐらいの空気を出している。

私が出会ってきたカップルの中ではお似合い度、幸せ度共にナンバー1。。

互いの才能を尊重しながら2人の時間を大事にする。

見ているだけでチル出来る訳で!

c0068451_5502794.jpg

[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-02 05:52 |
青春の一枚!
私がもっとも影響を受けたアルバム5枚のうちの一枚がこれ。
大阪が生んだILL集団ボアダムスの”チョコレート・シンセサイザー”!!
c0068451_11663.jpg

これほどショッキングでスリリングな音が過去にあったか?
HIPHOPを初めて聴いた時と同じぐらいの衝撃。。
そしてライブがまたILLすぎるぐらいILL!!!!
全米ツアーも大好評で伝説の野外イベント”ロラパルーザ”の出演(確かNirvanaとCYPRESS HILLも一緒だった様な)とその当時、大阪で前衛的すぎて理解者がいなく苦悩の日々を送っていた私にとっては嬉しい限り!!(反面、嫉妬もハンパなかったが…。)
まあそれもいい経験か。
これが発売された90年代前半はどのジャンルもヤバいぐらいの活気があってリスナーの水準も高かった。
もちろんHIPHOPも。
現在はどうだろう?
去年から何かイイ動きがあると感じてるのだが。
いつもシーンを変えるのはアンダーグラウンドから。
今年はヤルで!!
[PR]
# by murakamisuigun | 2005-03-01 11:06 | スピリチュアル